あゆみ(各年度毎に主な実績を記載しております。)

ATAC・MATE奈良は、平成3年に財団法人大阪科学技術センターの支援のもとに設立されたATAC(Advanced Technologist Activation Center)の分身として、平成10年1月に荒川守正代表のもと、4名で誕生しました。

技術者を中心として構成し、主に奈良県下の中小企業等が抱える技術開発、新分野進出、人材育成、国際化などの諸問題の解決を支援し、中小企業の健全な発展に資することを目指して創業しました。

最初の仕事は、中小企業庁の平成10年度新規事業として打ち出された「コーディネーション・ネットワーク構想」への参加でした。具体的には、実施母体である中小企業事業団が募集した平成10年度新規成長産業連携支援事業である「コーディネーター活動支援事業」の委託を受け、平成10年から12年にかけ、以下の活動を実施しました。

1、    平成9年度、奈良県中小企業団体中央会が実施した県下中小企業162社へのアンケート調査結果をもとに、新規成長分野への進出に意欲的な企業54社の選定

2、 54社の訪問調査の実施

3、    訪問調査結果をベースに、大学・公設試験研究機関との交流、効果的な連携推進方法等について研究する「企業連携研究会」(参加企業30社)を立ち上げ、全体、分野別、テーマ別に研究会を開催。更に大学、公設試験研究機関及び外部専門家の紹介や連携活動を図り、新規事業、新技術テーマの事業化等の調査、検討。 

更に、上記事業と歩調を合わせ奈良県中小企業団体中央会から「平成10年度多角的連携指導強化事業」の委託を受け、2年間この事業に従事しました。この事業への参加が、ATAC・MATE奈良の基礎を築いたと言っても過言ではありません。

平成13年2月に、奈良県から「特定非営利活動法人」の認証を得て、10名でNPO法人として活動を開始しました。

以下、NPO法人設立後の主な活動状況を年度別に挙げ、参考に供する次第です。

平成29年度の活動状況
平成28年度の活動状況
平成27年度の活動状況
平成26年度の活動状況
平成25年度の活動状況
平成24年度の活動状況
平成23年度の活動状況
平成22年度の活動状況
平成21年度の活動状況
平成20年度の活動状況
平成19年度の活動状況
平成18年度の活動状況
平成17年度の活動状況
平成16年度の活動状況
平成15年度の活動状況
平成14年度の活動状況
平成13年度の活動状況